お金をプレゼントするケース

七五三のお祝いにお金をプレゼントするケースでは、その家族そのものとのつながりによって総額が異なります。エリアによってもお祝いの手法が違いますが、覚えておいてほしいのは、プレゼントする方にも手に入れる方にも無理のないことです。祖父母については一般的に1~3万円それから、親戚は1万円以下、さらに知り合いなら5千円以下が良いと言えます。祝儀袋につきましてはのしつき、表に祝七五三などと記します。加えて、表書きは年別に種類もあります。

品物をプレゼントするケース

品物をプレゼントするケースでは、お子さんがエンジョイするものが望ましいです。お子さんの年や、親御さんが準備するものと重ならないかを加味しながら決めましょう。ひとつの例として、七五三その日に着物を着用するならそれに関する小物であるとか、お子さんが楽しむケーキや玩具、或いは辞典などが賢明でしょう。七五三祝いを行なう家族と親しいなら、欲しいものをヒアリングしても失礼にはなりません。七五三の日に利用するなら10月中に送り、他は数日前に届けばいいでしょう。

お祝いのお返しについて

七五三のお祝いをして頂いたケースでは、あらためていうまでもなく、こどもを連れお礼に尋ねましょう。そのようなとき、赤飯、あるいは千歳飴を持ち出します。祖父母、あるいは親族は、御祝いの席に招待して一緒になって食事するのもいいでしょう。メニューにつきましては、お子さんが中心ということを考慮することを頭に置いておくようにしましょう。お返しを行なうなら、七五三が終了してから、11月に済ませることが重要になります。

七五三の由来は古い時代には乳児の死亡率が高かったことです。ですから、子供が無事に育ったことを祝うわけです。神社にお参りに行き、写真撮影などをして祝うのが一般的です。